*日本ヘアブレイディング協

☆3級 人毛エクステンション検定試験☆

■実技内容

実技時間90分(作業準備、手指消毒を除く。但し、後片付けは実技時間に含まれる)。
国家試験用カットウイッグを使用。
人毛エクステンションを40本以上装着、カットし、自然に15センチ伸ばすこと。

□技術規定

・編み目の部分はすべて三つ編みとする。
 (裏編み、表編みどちらでも可。チップ、グルー、四つ編みは不可)
  *四つ編みでの強度も十分ありますが 検定では基本として三つ編みでのエクステンションを導入しています。

・編み目の横幅は5ミリ前後、8ミリ以内とする。


・編み目の長さは、2センチ前後とする。

・地毛のブロックの大きさは、縦1センチ前後、横1センチ以内とする。

・エクステンションの量は、地毛に対して1〜1.5倍前後とする。

・装着方法自体の規定はないが、編み始める際の地毛の本数とエクステンションの本数をかけて、
強度6以上になる技術で行うこと。

例:地毛1 X エクステンション2=強度2 NG
地毛2 X エクステンション2=強度4 NG
地毛2 X エクステンション3=強度6 OK
地毛3 X エクステンション3=強度9 OK

動画でご確認ください。

・手指消毒を行ってから技術を始めること。

・床に落とした器具は、挙手して検査員に伝え、使用中トレイに移動すること。

・カットは、レザー、シザー共に可とする。  


持ち物
国家試験用カットウイッグ(カットなど手の加えてないもの)、クランプ、リングコーム、ダッカール、シングルまたはダブルピン、水スプレー、人毛エクステンション、はさみ、シザー、レザー、糸ゴム、筆記用具、タオル3枚以上、消毒済みトレイ、使用中トレイ、手指消毒器具、ゴミ袋

その他、持ち込み可能な物
 時間を計る時計(携帯電話不可)、定規、エクステを装着する際の巻き込み防止用厚紙。

持ち込み不可な物
 ワックスなどの整髪料、グルー等の接着剤など。その他、検定の採点時に正確な判断がしづらくなる物。*シザーケースの使用不可。

*ヘアブレイディング検定3級サンプル写真

*強度6以上の表または裏編みである事。

IMGP6797.JPG

*40本以上装着し、地毛より15cm以上伸ばす事。

IMGP6769.JPG

*自然に仕上げるためのカットをする事。

IMGP6758.JPG