*日本ヘアブレイディング協

☆2級コーンロウ・ブレイズ☆

■実技内容

実技時間90分(作業準備、手指消毒を除く。但し、後片付けは実技時間に含まれる)。
国家試験用カットウイッグをセンターで分けた半頭を使用、
シンセティックエクステンションを使用し、イヤートゥイヤー前はコーンロウを5本、
残りのバック部分はすべてブロックを取り、20本以上でブレイズを仕上げる。

□技術規定

・根元が浮かないように付けること。

・コーンロウブレイズの技術はすべて裏編みにすること。

・ブレイズの長さは ウイッグのネープラインから30cm以上長くし、ワンレングスで仕上げること。

・毛先は焼き止めで仕上げること。

・ブレイズの編み目から飛び出た毛はカットしないこと。
(編み目の判断がつきづらいので)

持ち物

【国家試験用カットウイッグ、クランプ、リングコーム、ダッカール、シングルピンまたはダブルピン、
水スプレー、シンセティックファイバー、はさみ、ライター、筆記用具、タオル3枚、消毒済みトレイ、使用中トレイ、手指消毒器具、ゴミ袋

その他、持ち込み可能な物
 時間を計る時計(携帯電話不可)、定規

持ち込み不可な物
 ワックスなどの整髪料、グルー等の接着剤など。その他、検定の採点時に正確な判断がしづらくなる物。*シザーケースの使用不可。

*ヘアブレイディング検定2級サンプル写真

*ウイッグの縦半頭を使用する事。

IMGP6638.JPG

*ブレイズは20本以上装着する事。

IMGP6625.JPG

*フロントコーンロウはストレートバックで5本。

IMGP6624.JPG

*エクステンションをいっしょに編み込んでコーンロウをする事。

IMGP6618.JPG

*エンドは焼き止めする事。

IMGP6619.JPG